マウスピース ホワイトニング

マウスピースで行うホワイトニング

 

最近ホームホワイトニングの中でも主流なのが、マウスピースを使った方法です。

 

完全なホームケア用品だと高い効果は実感できないけれども、歯科医に通い続けるのはネックだ。そんな人にぴったりのアイテムでしょう。

 

では、マウスピースを使ったマウスピースはどのようにして行うのでしょうか?

 

マウスピースの作り方

 

マウスピースを使ったホワイトニングは、まず歯科医でマウスピースを作ってもらわなければいけません。

 

ホワイトニングのためのマウスピースを作りたいというとだいたいの歯科医は簡単にマウスピースを作ってくれるでしょう。

 

作り方は決して難しくはありません。

 

まずは上下の歯型の模型をとって、綺麗にトリミングします。

 

専用の機械などを使い、自分の歯にぴったりとフィットしたマウスピースを作ることが出来るのです。

 

最近は自分で作れる専用キットも販売しています。

 

作り方は決して難しくなく、お湯につけて噛むだけで簡単に自分用のマウスピースを作ることが出来るでしょう。

 

しかし、きちんと自分の歯にフィットした本格的なマウスピースの方が、歯のずれもなくきちんとホワイトニングの効果を実感することが可能です。

 

もしマウスピースを作ろうと考えている人は、歯科医で作ってもらうようにしましょう。

 

価格は病院によって違いますが、5万円から5.000円程で作ってくれる病院が増えています。

 

マウスピースを使ったホワイトニング方法

 

マウスピースを手に入れたら今度は液剤を使いマウスピースをしていきましょう。

 

マウスピースのホワイトニング液剤は歯科医などで購入することが出来ます。

 

最近はデイタイプとナイトタイプの2種類があります。

 

デイタイプは一日30分から1時間程装着し、ナイトタイプは寝ている間ずっと装着をするタイプです。

 

夜用の方が長時間マウスピースを装着するので高い効果を実感しやすいですが、歯ぎしりをする癖のある人や日中じゃないと装着しにくいという人はデイタイプの方が良いでしょう。

 

マウスピースの中に液剤を入れるのでどんどん成分が浸透し、2週間から2か月ほどで白い歯を手に入れることが出来ます。

 

マウスピースホワイトニングのデメリット

 

マウスピースは自宅で出来る、歯科医のみで行うホワイトニングよりも安い等のメリットがあります。

 

しかしネックなのは、時間です。

 

自宅で行うホワイトニングなので即効性はなく、また、マウスピースの使用をやめてしまうとまた徐々に白さは失われてしまうでしょう。

 

特に普段から着色性食品を摂取する習慣のある人は注意が必要です。

 

人によっては歯がしみる場合もありますし、最初はマウスピースになれずに気持ち悪い、長時間着用出来ない等のが起こる可能性があります。

 

確かに良いホワイトニング方法かもしれませんが、デメリットも理解したうえで実践するようにしましょう。

 

↓一番強力な歯のホワイトニング「はははのは」