歯の黄ばみ 原因

歯はもともと黄ばんでいる

 

ホワイトニングをしたいなと思っている人は、自分の歯の色に悩んでいると思います。

 

しかし、実は歯の色は人によって違い、生まれつき若干黄ばんでいる人もいるのです。

 

もちろん食品を食べたり、タバコを吸ったり、外的要因のせいで黄ばんでいる人がほとんどですが、歯の色はエナメル質の厚さなどにより色が変わるので、生まれつき若干黄色い人もいますし、真っ白な人もいるのです。

 

もちろん見方によっても歯の色は違いますし、日本人は性質的にもともと黄ばんでいる人が多いのではないでしょうか。

 

 

年齢とともにどんどん歯は黄ばむ

 

歯の黄ばみ 原因

 

生まれつき真っ白の歯は珍しいですが、やはり、年齢を追うごとにどんどん歯は色がついていきます。

 

一番の原因は、食品のせいです。

 

珈琲や紅茶、チョコレートにはステインが含まれていて、歯を少しずつ黄色くさせてしまうのです。

 

これは普通に歯磨きをした程度では改善することはできません。

 

珈琲紅茶は普段飲まないといひとでも、カレーライスや赤ワインなどその他の食品のせいで歯が黄ばんでしまう可能性があります。

 

ステインだけではなく、甘いものを食べたせいで歯が黄ばむ場合もあります。

 

甘いものには歯のエナメル質であるミネラルを溶かす作用があるのです。
そのため、甘いものを食べれば食べるほど歯内部のエナメル質が削れてしまい、薄くなり、黄ばんで見えてしまいます。

 

甘いものは虫歯ができるのはもちろん、歯を黄色くする効果もあったのです。

 

もちろん食品だけではなく、煙草や普段の歯磨きの不足のせいで黄ばむ場合も多いでしょう。

 

子供の頃から変わらず、素の状態の歯の色を保つことはなかなか難しいのです。

 

 

綺麗な歯の色を保つにはホワイトニングが不可欠

 

日常生活で、珈琲も紅茶もカレーも全く食さない、甘いものも一切食べないという人は珍しいでしょう。

 

いくら丁寧に歯磨きをしていても、どうしても歯は若干黄ばんでしまいます。

 

黄ばみを改善したいのであれば、やはり大切なのはホワイトニングです。

 

ホワイトニングは真っ白にしたい人がするものだと思っていませんか。

 

実は、歯の黄ばみを除去したい、自然な色合いに戻したいという人も最近はホワイトニングを行っています。

 

特に自宅でできるような簡単なホワイトニングは、安全性も高く、値段も安く、気軽に歯を自然な色合いに戻すことができる商品だと評判です。

 

なんとなく、黄ばみが気になるなという人は、市販のホワイトニングを試してみてください。

 

歯が白くなるだけでも、かなり顔の印象を変えることができるでしょう。

 

↓一番強力な歯のホワイトニング「はははのは」